星屑の空

経理・人事・採用などスタッフ系業務。管理系。事務系。お酒が好き。本が好き。音楽を聞くのは好き。仕事の話・創作・普段の生活のことなどごった煮。

ビールに近いと感じたノンアルコールビール_後味が甘くない

ノンアルコールビール。気づいたら市場が拡大しており、日本のビールメーカーはそれぞれ出している。酔いたいからビールを飲んでいるのに、ノンアルとはこはいかにと考えていた僕だったが、アルコールを飲みたくないと(もしくは飲んではいけない)と思うタイミングがあり1か月ほどアルコールを摂取しなかった。

意外といってもいいが、ノンアルビールの味比較のブログはそこまで出てこない。忘れてしまうのもあるが、個人的飲んでビールに一番近いものを書いておきたい。

ざっくり飲んだのは以下。

 

・キリン 零一:×

サントリー オールフリー:△~

・アサヒ :ドライゼロ :△~

・アサヒ :ヘルシースタイルノンアルコール :◎

※サッポロのものは未試飲。

 

だんとつだったのは、ヘルシースタイルノンアルコール

 

 

逆に言うと、残りはドングリの背比べだった印象。

ノンアルビールで特に感じたのは、後味の甘さだ。最初の口当たりはいいが、とにかく後味が甘く感じる。特にキリンは、通常のビールは非常に好きだが、ノンアルはいただけなかった。

サントリーのオールフリー、アサヒのドライゼロもともによく作られているが、やはり後味が気になる。キリンに比べると、断然ましだが、甘い。オールフリーなどは、複数日飲むと舌がなれるが、やはりビールではない。

 

そんな中、アサヒのヘルシースタイルは、なぜだか知らないが、後味に苦さを感じた。

アルコール分はもちろんないが、アルコール入りのビールを飲んでいるようなスッキリ感をもたらしてくれた。しばらくノンアルを飲むとしたら、こいつで決まりだ。

 

なお、ノンアルビールでも酔えるということに気づいたので、実は僕は炭酸飲料ならばなんでもよいのかもしれない。